MESSAGE 理事長挨拶

理事長挨拶

健康寿命を伸ばすために

診療の中で、私が常に心がけていることがあります。
それは、「目の前の人を健康にする」ということです。
しかしみなさん、「この20年間健康寿命と平均寿命の差は縮まっていない」という事実はご存知でしょうか?

近年の20年間で医療技術は飛躍的に発展を遂げました。その恩恵を受け、まさに命が尽きる瞬間を意味する平均寿命や1人で身の回りのことが全てできる期間を意味する健康寿命は年々伸びでおりますが、この2つの差は縮まっておりません。本当に目の前の患者さんの健康を望むのであれば、この健康寿命と平均寿命の差を縮めることに取り組まなければ意味がないのではないか。

今回、足立区の五反野にこの問題に対する一つの答えとなる「6つの診療科(整形外科・皮膚科・内科・小児科・眼科・耳鼻科が開院予定)とリハビリテーション病院が一体となった医療機関」が誕生いたします。そして当法人はこのうち整形外科・皮膚科の診療所とリハビリテーション病院を担当いたします。リハビリテーション病院ではリハビリ以外にも、手術治療も提供して参ります。

この医療機関では疾患の治療はもちろん、疾患予防に対しても取り組んでまいります。
患者様の受診体験(Patient Experience: PX)を最高のものにすべく、日々精進してまいります。

PROFILE 理事長プロフィール

北城 雅照
医師・医学博士

略歴

2009年3月
北里大学 医学部 卒業
2009年4月
北里大学病院 臨床研究センター 入職
2011年4月
慶応義塾大学 整形外科学 入局
2018年4月
医療法人社団新潮会 理事長に就任

資格

  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本整形外科学会 リウマチ認定医
  • 経営心理士
  • シューフィッター

OUTLINE 新潮会 概要

昭和13年(1938年)、当法人の前身である太田産院が足立区の五反野に誕生致しました。

戦後から高度経済成長期にかけて、産婦人科として足立区のみなさんの健康を出生から支えていくことを使命に、80年間、この五反野で医療を提供してまいりました。当時は子供達も多く、医院は多くの患者さんで賑わいを見せておりました。

しかし、少子高齢化を迎える昨今では、産婦人科として社会に貢献できることも限られてまいりました。 また、前理事長の太田千足先生も77歳とご高齢になり、「もうこれ以上、医療を提供することはできないかもしれない」と、一時は閉院もご検討されました。しかし、80年間この地で医療を提供する中で、この病院で生まれ育った多くの方々がいらっしゃいます。「その方々の健康を、これからも支えていきたい」という太田先生の熱い想いに共感し、微力ながら、医師として、そして、整形外科医としてご協力させていただくことを決意しました。

次の80年も、この足立区五反野でみなさんの健康な日々を支えしていくために、医療法人社団新潮会太田病院は、足立慶友整形外科及び足立慶友リハビリテーション病院に生まれ変わります。
(地上9階建て、整形外科の他に、内科・眼科・小児科・耳鼻科の入った医療モールと、リハビリテーション病院が一体型になっております。)

『受診するだけで、笑顔になり、健康になれる、そんな楽しい病院』を目指し、新規開院に向け現在準備中です。

HISTORY 沿革

2019.08.05
足立慶友整形外科・足立慶友リハビリテーション病院 同時オープン(予定)
2019.02.01
ウェブサイト公開